採用支援システムを採用するメリット

各企業において、採用の基本は新大卒及び新高卒を対象とした、新規採用になりますが、労働市場の縮小により、競合する他の会社との奪い合いになり、毎年、安定的に必要な雇用数を確保することは難しくなってきました。そこで、中途採用枠を拡大する企業も少なくないのですが、募集から雇用、さらには採用後の育成方針まで、一貫した戦略がなければ、真に必要な人材を集めることはできません。そこで、最近各企業が注目しているのが、雇用業務に特化した会社が提供する、採用支援システムです。システムというと、雇用業務の機械化をイメージしがちであり、かつては機械化のことを指していましたが、現在では雇用業務の機械化を含め、雇用から育成までを体系化するためのコンサルティングサービスのことを指しています。

採用支援システムを活用し求人募集するメリットとは

そもそも、採用業務に特化したコンサルティング会社が増えた背景には、せっかく採用しても期待通りの実績が残せない社員が続出し、離職率が高くなってきたことがあります。このような状況に陥る原因は、欲しい人材を具体的に整理せず、戦略なきままに雇用してきたことがあげられます。そこで、企業が本当に欲しい人材をマーケティングし、的確に採用できるシステムを開発し、提供する会社の需要が高まってきたのです。こういったコンサルティング会社では、まず、会社の要員事情、不足している人材を分析し、これまで蓄積してきたデータを用いて、一番効率的な募集方法を導き出します。つまり、不築堤多数に募集するのではなく、募集の段階から応募者の絞込みを行い、応募者のリスト作成や選考業務などにかかる労力を大幅に軽減することにより、採用にかかるコストカットという大きなメリットを提供してくれるのです。

採用支援システムを活用し選考基準を作成するメリット

新規採用であれ、中途採用であれ、大切なのは入社後に、会社に利益をもたらす人材を確保することです。そのためには、選考基準の明確化を行うことが大切であり、とりわけ面接時の質問内容や観察ポイントを確立しておくことは、例え採用担当者が移動となった場合でも、同じ基準で人材を確保することができますので、とても大切なことです。特に、面接時に相手の本来の姿を見抜くことは至難の業ですが、コンサルティング会社には、それまでに対応してきた様々な会社の面接データが保管されていますから、高い確率で本性を見抜ける質問内容の策定を依頼することも可能です。これらは、いくら自社の採用担当者が優秀であっても成し遂げられるものではなく、採用支援に特化したコンサルティング会社だからこそ提供できるものであり、大きなメリットなのです。