人材を採用するというのは、組織にとっては重要なことですが、反面で大幅な負担にもなるものです。人材の採用はその年によって組織が求めるものと、応募者が求めるものが異なるためです。このため応募者が少ない時期には人材の確保が難しいですし、反対に多い場合にはその選別に膨大な時間が掛かります。また組織内に人材採用のための人材を配置するにしてもその数は限られています。このような組織が受ける負担を軽減できる方法が採用支援システムです。採用支援システムでは人材の応募から応募者への対応を行ってくれるため、組織内の人材採用にかかる人材を最小限にすることができるメリットがありますし、また第三者的な視点で人材の選別を行うのでよりマッチングした人材を確保することができます。

人材確保のための方法とリスクとメリット

組織においては、人材の確保は組織を維持し事業を継続していくためには非常に重要なポイントといえます。人材確保の方法としては一般的に新卒や中途採用などで人材の募集をすることや、組織内の人間の伝手や専門の人材紹介会社を頼って人材を紹介してもらい採用するといった方法があります。しかし、募集にしても人伝に集めるにしても採用するには相応のリスクが存在しており、適した人材の確保が行えなければ組織にとっては損失になる可能性があります。特にリスクとして存在するポイントとしてはマッチングに失敗して早期に転職されてしまうものがあります。このマッチングを上手に行うことができれば、人材流出のリスクを最小限にすることができます。このマッチング作業を支援してくれるのが採用支援システムです。

支援システムを利用するという選択肢

採用支援システムを利用するメリットとしては、より多くの人材候補を管理することができるということです。組織内で人材採用に必要な人材がそもそも限られているため、時に大量採用をしたい場合や、反対にその年の採用を見送るといったさいにもそれらの人材を多く振り向けておくというのは組織にとって負担になります。支援システムでは、人材の応募から応募してきた人への対応までを一括して行ってくれます。特に面接スケジュールをしっかりと組むことができるので、採用に振り向ける人材の数を最小限に抑え費用を節約することができます。また第三者の視点からその組織にとって必要な人材であるかどうかのマッチングも行ってくれるので、より適した人材を確保することができるメリットがあります。