実際の採用支援システムの活用例

採用事務の効率化を図るために、採用支援システムの導入を進めている会社も少なくありません。また、採用事務に特化したアプリケーションやシステムを開発する会社では、これらの開発だけでなく、人材発掘から育成までの要員対策についてコンサルティングする事業も展開しており、各企業では採用から人材育成までの業務をアウトソーシングすることも可能となっています。しかしながら、システムやコンサルティングは、ただコンサルティング会社に依頼しておけば良いというものではなく、自社においてどのように活用し、どういった結果を求めるのか、具体的に定めておくことがとても重要になります。つまり、会社として5年後、10年後を見据えた要員対策が必要となるのです。採用支援システムは、厳しい労働市場において、活用法によって競合他社に打ち勝つ、有効なシステムですので、適切に活用したいものです。

採用支援システムにおける雇用事務に特化した活用例

採用事務の効率化を主たる目的とする場合、募集から採用までの工程を抜き出し、どの工程に労力や時間がかかっているのか分析する必要であります。例えば、応募者に対する採用試験の日程などの通知作業に手間を取っているのであれば、応募者に対して、自動的にメールを送信するといった、通知作業の自動化を中心に据えたシステムとします。また、選考内容が有益であったかを検証したいのであれば、採用試験の結果と入社後の業績をリンクさせ、相互関係を分析し必要な改良を加えて行きます。その他にも、応募者の全員の選考試験の実施状況について、進捗管理をしたいなら、データベースから必要な情報を抜き出し、進捗管理表を作成することも可能です。これらのように採用管理システムは、非常に柔軟性の高いシステムですから、まず、自社における活用方法を定めておくことが重要です。

採用支援システムにおける求人募集対策における活用例

採用支援に関するコンサルティングを要請する場合、自社の現時点で要員対策上での課題を明確にしておくことが大切です。例えば、いくら求人広告を出しても応募者が少ないという悩みを抱えているなら、これまでの募集チラシや広告を出稿した媒体、出校時期や期間などを明確にすることによって、ここまでの募集活動が有効だったのか検証することができます。さらには、自社に不足している人材の年齢層やスキルなども整理しておけば、その求人に特化した、求人広告を出稿する媒体や期間、募集内容を精査することができますので、より少ない労力や時間、予算によって大きな成果を得ることが可能になります。これらのように、採用管理システムを有効に活用するためには、自社の弱点を明確にしておくことが、最も重要なのです。