採用支援システムの有効な活用方法

会社には様々な部署があり、求められるスキルや経験もそれぞれ異なります。各会社の人事部門には採用担当者が配置されていますが、彼らはそういった各部署からの要望に応えるべく、労働力の確保に努めています。しかしながら、労働市場は年々厳しくなっており、新規採用だけでは要員不足をカバーすることは不可能であり、中途採用枠を拡大する会社が増えています。したがって、採用担当者は新規採用だけでなく、中途採用者の選考、採用事務まで担うこととなり、従来の採用方式では間に合わないのが実情です。そこで、多くの企業で導入されているのが採用支援システムです。このシステムでは、採用事務の効率化だけでなく、社員育成など入社後のケアや5年先を見越した採用ビジョンの提案なども行い、企業の総合的な採用対策として注目を集めています。

採用支援システムにおけるターゲティング

会社における採用担当者の役割は、自社の要員事情を分析し、必要な要員を確保することであり、そのために発生する、募集、応募者への通知、選考、内定者への通知などの業務を担います。採用支援システムでは、自社に必要な人材を確保するためのターゲティング、選考試験や面接の内容、内定者に対する囲い込み、入社後の訓練計画について、これまで担当してきた実例に基づきプランを策定します。特にターゲティングについては入念に検討を重ね、闇雲に募集広告を出稿するのではなく、絞り込むことでより、現場の実情に沿った人材が集まりやすくなります。極端に言えば、1000人の応募者の中から1人を選ぶのではなく、1人の応募者の中から1人を選ぶ方式です。このことによって、応募者のデータ整理や選考業務などの効率化を図ることもできますので、採用事務全体の効率化を図ることが可能となります。

採用支援システムにおける内定者に対するケア

最近、採用担当者の多くが悩んでいるのが、内定を出しているにも関わらず、他社に人材が流れてしまうことです。これは、内定を出した後のフォローが不足していることが大きな原因であり、多くの企業が抱える弱点でもあります。採用支援サービスでは、それまで培ってきたノウハウを基に内定者に対するケアも徹底的に行っていきます。例えば、内定者を対象とした社内見学会や内定祝賀会など、様々な企画を入社が決まるまで、様々な形で継続し、他社への流出を徹底的に防いでいきます。もちろん、求人募集に対する応募者のデータ化や採用試験の内容による合否の傾向分析など、データを活用するためのシステムも提供されますので、採用事務の効率化も可能です。効率よく優秀な人材を集めるためには、単に採用事務をシステム化するだけでなく、採用計画や採用後の育成方針にまで踏み込んで必要な改善を加えていくことが大切であり、システムの有効な活用方法なのです。

管理画面では、自社採用ホームページからの応募者だけでなく、求人媒体からの応募者も一元管理できますので、対応工数削減以外にも求人媒体効果の可視化・適正化にもつなげられます。 もちろん応募者データは、必要な項目をいつでもダウンロードでき、様々な分析を行うことが可能です。 そしてこの傾向は、今後、大きな改善は見込めません。 採用支援システムの見直しは【リクオプ】をご検討ください